土浦協同病院へ直接、通院バスと道路標示を要請

%e5%8d%94%e5%90%8c%e7%97%85%e9%99%a2%e3%81%b8%e8%a6%81%e6%9c%9b%e6%9b%b8%e3%82%92%e6%b8%a1%e3%81%97%e3%81%a6%e6%87%87%e8%ab%87%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%91%e6%97%a5%ef%bc%89

11月21日の午後、日本共産党の小松豊正石岡市議は、土浦市議団(久松猛、井上圭一の両市議)、佐藤文雄かすみがうら市議、田子優奈(たご・ゆうな)党土浦市委員会若者・子育て相談室長とともに、土浦協同病院を訪問し、長谷川博史事務部長(写真左)に、通院バスと道路標示を要請しました。出地隆治建設事務局副局長等が同席しました。

小松議員は、「石岡から電車で行く場合、土浦駅からしかバスが出ていないので、お金も時間もかかり不便だ」「車で行ったが案内標識がなくてウロウロしてしまった」などの市民の声を紹介。神立駅までは石岡市内から乗合いタクシー(タウンメイト)が利用できるので、神立駅と協同病院間をバスで「ピストン運行」してもらうと大変助かる、また病院への案内標識(道路標示)を設置してもらいたいと要望しました。

懇談のなかで、病院側は開院直後の3月から土浦駅と神立駅で病院間の通院バスを運行したが、あまりにも利用者が少ないので中止したことを明らかにしました。その原因として地元の議員も知らなかったなど周知が全く不徹底であったことが浮き彫りになりました。病院側は今後、関係行政当局の協力も求めながら検討していきたいと述べました。懇談後に、病院の各階を案内していただきました。

 

政府に予算要望

%e7%b7%8f%e5%8b%99%e7%9c%81%e4%ba%a4%e6%b8%89%ef%bc%88%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%e5%b9%b4%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%97%e6%97%a5%e3%80%80%e8%a1%86%e9%99%a2%e7%ac%ac%ef%bc%92    日本共産党茨城県委員会と地方議員団は11月17日、衆議院第2議員会館で政府に対して来年度予算要望をしました。37名が参加し、塩川てつや、梅村さえこ両衆院議員が同席しました、小松豊正石岡市議は、次の4項目について、政府の担当者に実情を訴え、強く要望しました。

(写真は総務省交渉で発言する小松豊正石岡市議)

[総務省]平成27年6月24日の復興推進会議で決定された震災復興特別交付税の措置について、震災復興特別交付税は本来の趣旨で有効に活用すべきであり、震災復興とは無関係な霞台厚生施設組合による大型ごみ焼却施設建設には措置しないこと。

[環境省]3市1町の広域化で霞台厚生施設組合が計画している大型ごみ焼却施設建設は、ごみの減量化に反し、関係住民の合意なしに強行しようとするもので、中止するよう指導すること。

[厚生労働省]石岡市立第1第2保育所は、東日本大震災の被害を受けてIS値が低く、現在石岡小学校の空き教室を間借りして暫定的に保育事業をおこなっている。早期に新築するために国としての補助を行うこと。

[国土交通省]台風などで大雨が降ると恋瀬川流域の家屋が慢性的に浸水の危険にさらされる。最終的に改修が完了するのは平成70年となっているが、あまりにも長すぎる。水害対策予算を増やして、できるだけ早期に改修工事を完了させること。

3市1町の広域化・新ごみ処理施設建設計画 いま何が問題か

朝夕はめっきり寒くなり、暖房が必要な季節になりました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

街を歩いていると、「白雲荘がなくなるんだって?」「どうして、いまのごみ焼却場建て替えるの?」などの声が聞かれるようになりました。

今回は、10月31日に開かれた霞台厚生施設組合議会第2回定例化の概要をお知らせします。石岡市総社2の3の41 TEL 090(9295)6952 FAX(24)2608

20150203

(現在の霞台厚生施設組合環境センター 小美玉市高崎)

霞台厚生施設組合議会の第2回定例会が10月31日に八郷庁舎の第1委員会室で開かれ、日本共産党の小松豊正議員は一般質問、議案質疑を行いました。また平成27年度決算認定議案に反対討論を行いましたが、日本共産党の2議員以外の賛成で可決されました。

小松議員の一般質問のポイント

疑問や不安の声を無視して強行するな

小松議員は、「白雲荘の存続を求める」1300筆を超える署名(現時点)、交通渋滞、振動・騒音、大気汚染などの心配・不安の声、従来のやり方に戻せないかという発言(9月27日の地元住民説明会)をどう考えているのか、新処理施設の建設は強行するべきではないと主張。今泉文彦管理者は「様々な意見があることは事実。住民の理解はスタートしたばかりで、今後丹念に周知していく」と答弁。

ごみ発電はごみの減量化に反する。ごみ発電をしなければ白雲荘解体の必要はない

小松議員は「ごみ発電はそれ自体が自己目的化し、『発電にごみが足りない、もっとごみがほしい』となり、発電に火力が足りないとコークスを燃やしている例が報告されている。これでは本末転倒であり、ごみの減量化に相反するものだ」と述べ、ごみ発電をしない場合、白雲荘の解体は必要ないと主張。担当者は「ごみ発電しなければ、循環型社会形成推進交付金の対象にならない」、管理者は「新たな代替え施設の用地確保と、建設してから37年経過していることなど総合的に勘案して解体することにした」と答弁。

   埋め立て地から検出しているダイオキシン類の調査を

昭和61年~62年半ばに焼却灰・不燃物が霞台厚生施設組合が借りていた隣接の土地600㎡に埋められていたことがわかりました。今年夏のボーリング調査では、調査した6箇所すべてで、発がん性があるとされるダイオキシン類が検出されています。小松議員は、労働者や地域住民の健康を守るために必要な調査を求めました。担当者は「基準内におさまっている。労働者の定期健診では問題ない」と答弁

どこまで増えるかわからない工事費

小松議員は次のように質問しました。新処理施設の予算について、本体工事費146億円、マテリアルリサイクル施設建設に26億円、合計172億円(1期分)とされているが、熱回収型施設建設費の平成27年度の実勢価格は、トンあたりの単価は7700万円となっている。従って215トンをかけると165億5500万円となる。マテリアルリサイクル施設建設に26億円を加えると191億5500万円。さらに白雲荘解体、代替え施設の建設、周辺道路の整備、中間置場設置、現在の3施設の解体費用などを加えるとゆうに200億円を超えると推定されます。約228億円にもなるという試算もあります。そのうえ2020年(平成32年)オリンピック・パラリンピックと工事時期が全く重なります。資材・人件費も高騰する。総予算をどのように見積もっているのか。管理者は「最終的事業費は決定していない」と答弁。

震災復興特別交付税は確約されたものではない。毎年決められるもので、可能性があるというだけのこと。

 小松委員は次のように指摘しました。従来は市町村の負担は、一般廃棄物処理事業債60%の半分30%と一般財源市町村負担分7%、合わせて37%だったのが、震災復興特別交付税が64%交付されることによって、その10分の1の3%で済むんだという説明がされてきましたが、この正しい理解は、毎年国の復興推進会議でその時々の情勢から使い方を検討し金額を決定いていくことになるものでこの新処理施設建設に平成28年から平成32年の5年間にわたって、いくら巨額のお金がかかろうとも無制限に3分の2の95%交付し続けることが確約・決定されたわけではありません。

ごみの減量化、長寿命化こそ

 小松議員は次のように主張しました。本来の3Rに基づくごみの減量化、市民との共同、3施設の健康度調査をやり、現在の3つのごみ処理施設の分散型長寿命化の道に転換するようにすべきです。ごみ処理施設の延命化・長寿命化の改修事業は、もともと国が率先して促進してきたことです。環境省はいまでも「すぐに施設を更新するのではなく、長寿命化のための基幹的な設備改良事業により、もう10年長く施設を稼働させることなどについても視野にいれ・・・」「市町村においては、すぐに施設を更新するよりも長寿命化の取り組みをしていただくほうが当然、コストを圧縮できますし、長い目で見れば、更新のサイクルが伸びるわけですから、予算の平準化にもつながります」と「月刊廃棄物」2015年3月号で述べています。

またこれからの人口減だけでごみの搬出量が大きく減り、加えて徹底したごみの減量化をすすめた場合、現在の1日215トンの焼却施設計画はあまりにも過大です。

 

 

 

 

 

3市1町によるごみ処理施設建設計画 地元説明会で質問・意見続出

後半は雨に見舞われましたが、石岡のお祭りも無事に終わり、年番町(宮下町)の一員としてほっとしているところです。

私は霞台厚生施設組合議会議員をしていますので、3市1町によるごみ処理施設の広域化による新処理施設整備事業の地元説明会に参加してまいりました。その概要を報告いたします。ご意見などお寄せください。

石岡市総社2の3の41 TEL 090(9295)6952 FAX(24)2608%e5%9c%b0%e5%85%83%e8%aa%ac%e6%98%8e%e4%bc%9a

説明会は9月27日の午後7時から9時過ぎまで白雲荘で行われました。霞台厚生施設組合環境センターから半径300メーター以内に住む住民の方々を中心に45名が参加、執行部側関係者が14名、合わせて69名で会場はいっぱいとなりました。開会前、執行部は受付で地元でない人々を参加させないという非常識な対応をしましたが、関係者からの強い抗議のなかで結局は地元住民の了解を得て、参加させることに変更しました。

説明会では冒頭に、担当者が「これまでの経過」「施設基本計画について」「周辺道路整備計画について」説明しました。このなかで公害防止基準値は水戸市の水準に設定すること、施設運営等を一括発注し、自治体が資金調達をするDBO方式をとると説明しました。

次々と質問・意見が

(質問)周辺道路整備計画は、途中まででその先はどうなるのか

(答弁)予算化しているのは1キロだけで、それ以上は我々の範囲内ではない。責任は持てない。

(質問)たくさんごみを持ってきてダイオキシンの値はどうなるのか。

(答弁)法規制値の0・1に抑える。

(質問)ごみ運搬車は、時間までに集荷しなければならないとスピードがすごい。振動・騒音に苦しめられている。かすみがうら市や茨城町からもごみを持ってくることなど計画の見直しはできないのか。(そうだと拍手がおこる)

(答弁)いずれにしても議会で議決されていることだ。

(意見)3市1町の広域化のデメリットについ考えてほしい。

(質問)なぜ周辺に住宅が増えている霞台に集めるのか。もっと住民の少ないところがあるのではないか。

(意見)あなた方には、住民に迷惑をかけているという思想がない。このまま計画を続行すれば、住民が危険な状態になるということをよく考えてほしい。こんな説明では、住民の運動が広がれば広域化計画はこわれますよ。

(意見)広域化で周辺道路を整備するというが、それよりも現在の霞台厚生施設組合環境センター前の渋滞対策を立てるべきではないか」

 

 

 

江尻かな県議と石岡市立第1第2保育所を訪問

8月24日の午後、石岡市立第1第2保育所を訪問。小松豊正市議は江尻かな県議、小松美代子前市議、地元支部長とともに、いろいろとお話をお伺いしました。また、お昼寝中の保育室、調理場、運動場、遊具などを見学しました。大変勉強になりました。(右から小松豊正市議、江尻かな県議、小松美代子前市議)第1第2保育所を視察(8月24日)

日本共産党創立94周年  記念講演会ライブ中継視聴会

日本共産党は、7月15日に党創立94周年を迎えました。

8月5日(金)午後6時30分から、北トピア(東京都北区王子)と全国の会場をインターネット通信で結んだ「記念講演会」を開催します。

「4野党プラス市民」が「自公と補完勢力」と真正面から対決した歴史的な参院選をふまえ、志位和夫委員長が記念講演します。

視聴会は党員だけではなく読者や後援会員も含め、一般の方も自由に参加できますので、お誘いあわせのうえ、ぜひ会場へお越しください。

◎ 日時 8月5日(金) 午後6時20分集合

◎ 会場 小松豊正事務所(スーパータイヨー斜め前) 石岡市総社2-3-41

◎ TEL・FAX 0299-24-2608

94周年記念講演会ライブ中継お誘いビラ

上の赤い文字をクリックしてください。 プログラムの入ったビラ(PDF)がご覧いただけます。

参院選結果 1人区で野党統一11人が当選 日本共産党、改選倍増6議席

今回の参院選で、茨城県と石岡市では比例代表も選挙区も過去最多の得票を得ました。

日本共産党は比例代表で601万票を獲得しました。躍進した3年前より86万票、6年前より245万票の増。参院選比例得票としては1998年の819万票に次ぐ党史上2番目です。

茨城県内の得票は121,321票(得票率10.07%)、石岡市では3,105票(得票率9.96%)で過去最多となりました。

日本共産党は比例区で5人が当選。東京選挙区で山添拓候補が当選し、計6議席を獲得、改選3議席の倍に議席を伸ばしました。

また、全国32の1人区の野党統一候補のうち11人が当選しました。野党統一候補は、多くのところで無党派層から6割、7割の支持が寄せられ、次につながる結果をつくりだしました。

茨城選挙区の小林きょう子候補も、過去最高の113,833票、得票率9.40%(前回97,197票、得票率8.40%)、石岡市でも過去最高の2,957票、得票率9.43%(前回2,379票、得票率8.13%)と前回の得票・率を大きく伸ばし、第3位で法定次点となりました。

ご支持・ご支援をお寄せいただいた市民の皆さん、支持者、後援会員、党員の皆さんに心からのお礼を申し上げます。

茨城民報号外(参院選結果)

上の赤い文字をクリックしてください。茨城民報の7月号外(PDF)をご覧いただけます。

 

 

 

参議院選挙 日本共産党の大きな躍進を!

7月5日(火)13:10~池ノ台住宅前 他

参議院選挙最終盤の争点と政策を訴えます。

弁士 : 山中たい子 茨城県議会議員、小松とよまさ 石岡市議会議員

参議院選挙 日本共産党の大きな躍進を

上の赤い文字をクリックしてください。7月5日の遊説日程   がご覧いただけます。

皆様のお近くの場所で、お誘いあわせて、ぜひお聞きください。

比例は「日本共産党」  へ 茨城選挙区は「小林きょう子」  

あなたの一票をよろしくお願いいたします。

茨城から初の日本共産党参議院議員を!

小林候補の街頭演説案内

上の赤い文字をクリックしてください。案内チラシがご覧いただけます。

IMG_4666

いよいよ参院選が公示されました。

6月26日(日)に、小林きょう子参議院茨城選挙区候補が石岡に来ます。

①午前8時20分~ 石岡駅西口前

②午前9時~ スーパータイヨー前

選挙期間中、小林きょう子候補が石岡に来るのは今回のみで、最初で最後になります。

ぜひ、小林きょう子候補のお話をお聞きください。

皆様お誘いあわせのうえ、ご参加ください。

 

参議院選挙必勝     全国決起集会のご案内 

参院選必勝:全国決起集会案内

上の赤い文字をクリックしてください。PDFのチラシが表示されます。

6月15日(水)午後5時50分集合 約1時間で終了予定です。

場所はスーパータイヨーの斜め前の小松豊正事務所です。

どなたでも参加できますので、お誘いあわせのうえ是非ご参加ください。